フィンテッカーラボ - フィンテックやビットコイン、仮想通貨のサイト

このサイトは、ビットコインや仮想通貨といった、金融とテクノロジーの融合であるフィンテックを深堀っていくサイトです。

カウンターパーティー(XCP)とは? 購入できる取引所やチャート情報

time

カウンターパーティー(XCP)とは? 購入できる取引所やチャート情報

日本の取引所のZaifにも上場しているカウンターパーティー(Counterparty )(XCP)ですが、一体どんな仮想通貨なんでしょうか?カウンターパーティーを利用することで、トークンなどを作成することが可能で、この機能を使って様々なトークンが作られています。この記事ではカウンターパーティーについて説明していきます。

sponsored link

カウンターパーティーとは?

カウンターパーティーが公開されたのは2014年で、ビットコイン2.0というビットコインの仕組みを通貨だけではなく様々なことに利用しようという技術的な流行りの中で誕生しました。

カウンターパーティーとは、ビットコインの取引に使われるブロックチェーンの、各ブロックにある余白を利用して作られた、スマートコントラクトの機能を持つ分散型のプラットフォームです。スマートコントラクトのプラットフォームとしては、イーサリアムが現在メジャーなものとなっていますが、カウンターパーティーは独自の通貨上にあるブロックチェーンではない、というところに大きな違いがあります。

カウンターパーティーを利用することで、独自のトークンを発行することができたり、分散型取引所(DEX)の構築などをすることが可能となります。実際に、カウンターパーティーを用いて作られたトークンは多数存在していて、そのトークンを取引する分散型取引所もカウンターパーティーを用いて作られています。堀江貴文氏が作ったホリエモンカード(HORIEMON CARD)も、このカウンターパーティーを用いて作られたトークンの1つです。

カウンターパーティーは、ビットコインのブロックチェーンを利用しているため、最も多く利用されている仮想通貨で安定したセキュリティを活用できるという利点がありますが、ビットコインのブロック生成にかかる速度が10分となっているため、カウンターパーティーもこの制約を受けてしまうという欠点も存在しています。

XCPとは?

XCPは、カウンターパーティーのプラットフォームを利用する際に、ビットコインを利用することが技術的に不可能な時に、その機能性を提供する場合に用いられます。例えば、カウンターパーティーを使って新しいトークンを発行する場合には、0.5XCPが必要となります。

ビットコインを消費不可能なアドレスへ送ることでXCPは作成されました。2100BTCを消費し、約260万XCPが作られています。カウンターパーティー上で利用されたXCPは、再び使うことができない状態となります。

XCPのチャート


2014年のリリースされ、2018年の1月に大きな値上がりをしました。

XCPを購入できる取引所

XCPを購入できる日本の取引所は、現在ではZaif(ザイフ)のみとなっています。Zaifでは、カウンターパーティーで作られたトークンの中でもメジャーなぺぺキャッシュなども取引することが可能です。

XCPのウォレット

XCPウォレットは、ウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットなど、様々なウォレットが用意されています。最もメジャーなのが、Counterwalletです。また、インターネットブラウザのChromeにインストールできるXCP Wallet for Chromeというウォレットも存在しています。

 



sponsored link

  

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で Zaifの提供するサービスで、初心者の方でも安心・安全に
ビットコインなどの仮想通貨を売買できます。