フィンテッカーラボ - フィンテックやビットコイン、仮想通貨のサイト

このサイトは、ビットコインや仮想通貨といった、金融とテクノロジーの融合であるフィンテックを深堀っていくサイトです。

ビットコインを購入できる取引所や相場/チャート、採掘、投資情報

sponsored link

ビットコインとは?

ビットコイン(bitcoin)とは、サトシ・ナカモトと名乗る人物によって作られた論文をもとに、2009年から運用が開始された仮想通貨です。すべての発行枚数は2100万枚と決まっていて、その総発行枚数に至るまで10分ごとに、新たなビットコインが生成されます。ブロックチェーンと呼ばれるP2Pの仕組みを用いることで、中央銀行のような発行母体を持たず運営することが可能で、セキュリティ的にも偽装することはできません。

送金も銀行のような機関を介さずに可能なことから、ごく少額から少ないコストでの送金が実現します。結果として海外送金などの手段としても用いられるようにもなりました。送金を行うために、トランザクションの処理が必要となりますが、このトランザクションの計算はマイナーと呼ばれるユーザーが計算を行うことによって処理されます。マイナー達は、計算を行った報酬として新たに生成されたビットコインを受け取ることができます。これをマイニングといい、大規模なマイニング施設を持つ事業者も出現しています。

ビットコイン市場と価格の高騰

ビットコインは発行母体が存在せず、誰かが価格を決めたものではないため、上場している株式証券と同じように需要と供給によって変動します。証券取引所のように、仮想通貨の取引所が誕生し、その取引所ではビットコインのみならず、多くの仮想通貨を取引することが可能です。ビットコインは幾度の急騰を経て、2017年には10倍以上も価格が上昇しました。世界的に見ても社会的な現象を巻き起こし、ビットコインや仮想通貨の認知が大きく広まった年と言えるでしょう。

ビットコインは誰が作っている?

サトシ・ナカモトがビットコインを作った、これは紛うことなき事実なのですが、サトシ・ナカモトがしたことは論文の発表です。この論文をもとに有志のエンジニアがビットコインが開発され、ビットコインのウォレットアプリであるビットコインコア(Bitcoin Core)も彼らの手によって作られています。発行母体を持たないのに開発者が存在するという、一見矛盾したように見えるポイントかもしれません。しかし、彼らの手によってビットコインを増やしたり減らしたりすることは不可能です。ブロックチェーンという仕組みは彼らでも書き換えることはできません。

ビットコインのウォレット(財布)をインストールしよう

ビットコインを取引所で購入して、その取引所で管理しておくという手もありますが、取引所が何かしらの攻撃を受けてしまい、盗まれてしまうということが全く無いわけではありません。

そのために自分のPCにビットコインの財布となるソフトをインストールしておくことがおすすめです。ビットコインの公式サイトで配布されている「Bitcoin Core」(旧Bitcoin-qt)を利用するのがオススメです。下のリンク先でBitcoin Coreの使い方を詳しく説明しています。

ビットコイン公式ウォレット Bitcoin Coreのインストールと使い方

また、iPhoneやアンドロイドのスマートフォンで利用できるビットコインのウォレットも登場しています。以下のリンク先では、スマートフォンの仮想通貨ウォレットbread wallet(BRD)の使い方を説明しているので参考にしてください。

iPhoneアプリの仮想通貨ウォレット bread wallet(BRD)の使い方



sponsored link

  

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で Zaifの提供するサービスで、初心者の方でも安心・安全に
ビットコインなどの仮想通貨を売買できます。