フィンテッカーラボ - フィンテックやビットコイン、仮想通貨のサイト

このサイトは、ビットコインや仮想通貨といった、金融とテクノロジーの融合であるフィンテックを深堀っていくサイトです。

ビットコインがクレジットカードで使えるWirexデビットカードの作り方

sponsored link

ビットコインを普段の生活で使えるWirexカード

ビットコインなどの仮想通貨を手に入れたとしても、利用するという機会は無いのでは?と考える人は多いかもしれません。

しかし、このWirex(ワイレックス)カードを持てば普段の買い物などにビットコインを利用することが可能となります。Wirexカードは、マスターカードブランドのデビットカードで、ビットコインのチャージが可能なのです

マスターカードはVISAに次ぐ世界シェアNo.2のクレジットカードブランドで、世界で約3,810万店の加盟店が存在しています。ほぼ世界中のどこでも、ビットコインでお買い物ができてしまうと言っても過言ではないでしょう。

Wirexが提供しているスマートフォンのアプリ内では、チャージしたビットコインを確認することができる他に、簡単にドルやユーロ、ポンドと行った通貨に両替することができるのも注目すべきポイントでしょう。

このWirexは2015年にサービスを提供し始め、既に130カ国に展開、ユーザーも25万人を抱え急速に成長しています。もちろん日本でもカードを取得することが可能で、現在では7000人程度の日本人のユーザーが存在します。利用者の伸びも世界的に見て高いそうです。

Wirexは日本語に対応したアプリの配信を予定している他、2017年には日本円の両替も可能とするようで、Wirexが積極的に日本で展開させようとしているのが感じられます。

実際にWirexカードを作ってみよう

実際にWirexカードを作る点で注意したいのが、Wirexの公式サイトではカードが作れないという点です。

これには理由があり、Wirexは元々e-coin(イーコイン)という名前でブランドを展開していたために、現在もe-coinの公式サイトでしかカードを作ることがでないのです。e-coinのサイトで実際にカードを作ってみましょう。下のGET CARDをクリックするとe-coinの公式ホームページへ移動します。さらに、こちらのリンクから申し込みを行うと、カードの発行手数料が特別に25%オフとなっています。通常だと17ドルがカードの発行に必要なのですが、12.75ドルでカードの発行が可能です。


e-coinの公式サイトへ移動したらGET CARDをクリックしてください。

GET CARDをクリックすると、アカウントを作るためにメールアドレスの入力とパスワードの入力が要求されます。メールアドレスと希望するパスワードを入力し、ロボットでないことを証明するためにチェックボックスをクリック、そしてSIGN UPをクリックします。

SIGN UPをクリックすると入力したメールアドレスへe-coinからメールが送られるので、そのメールを確認します。

e-coinから送られたメールにはアカウントを利用可能にするリンクが貼られています。メール内のactivation linkをクリックします。このリンクをクリックするとアカウントが利用可能になり、e-coinのログイン画面へ移動します。

e-coinのログイン画面へ移動し、メールアドレス、パスワードを入力してe-coinへログインします。

ログインしたらまずView addressをクリックしてビットコインアドレスを確認します。カードの発行には上で説明した通り、少なくても12.75ドルが必要です。カードの発行の決済はビットコインのみ対応しているのであらかじめ、e-coinへ12.75ドル分以上のビットコインを入金しておく必要があります。

デビットカードはドル決済、ユーロ決済、ポンド決済の3種類から選ぶのですが、基本的にはドル決済のUSD Wirec Debit Cardを選択するのが良いでしょう。Card typeでは発行するカードをバーチャルタイプか、普通のプラスチックカードにするかを選択します。こちらも基本的には普通のカードであるPhysicalを選択するのが良いと思います。

Deliveryは発行したカードの配達の早さを選択します。イギリスからの発送となっていて、Standardだと日本へは2〜8週間程度の期間を要します。実際にカードを発行した時は1ヶ月ほどかかりました。迅速発送のExpediteを選択するとカードを発行手数料が50ドル(25%オフは反映されません)となるかわりに、配達時間が数日から最大7〜10日へ短縮されます。

下の2つのチェックボックに中身の文章を確認した上でチェックを入れたらSELECTをクリックして次へ進みます。
この画面では氏名と生年月日、住所と電話番号の入力が必要となります。すべて英語での入力になるので、どのように入力するかは、自分の住所が英語表記だとどのようになるのかを確認しておくと良いでしょう。

入力が完了したらSAVEをクリックして次へ進みます。
次は支払い方法の選択をするのですが、ビットコイン支払いのAccount(BTC)しか選択できません。カード発行手数料分のビットコインをe-coinへあらかじめ入金をしておかないとCHECKOUTできません。ここでCHECKOUTをするとカードの発行が完了します。



sponsored link

  

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で Zaifの提供するサービスで、初心者の方でも安心・安全に
ビットコインなどの仮想通貨を売買できます。