フィンテッカーラボ - フィンテックやビットコイン、仮想通貨のサイト

このサイトは、ビットコインや仮想通貨といった、金融とテクノロジーの融合であるフィンテックを深堀っていくサイトです。

リスク(Lisk)はどんな仮想通貨? チャートやフォージング、取引所情報

time

リスク(Lisk)はどんな仮想通貨? チャートやフォージング、取引所情報

sponsored link

リスク(Lisk)ってどんな仮想通貨?

Liskは2016年にリリースされた仮想通貨で、イーサリアムと同じように分散型のアプリケーションの構築に用いられることを前提に作られた仮想通貨です。時価総額の規模としても大きな部類で、日本の大手取引所でもあるBitflyerにも2018年1月に上場を果たし、国内でも注目度が一気に高まった仮想通貨でもあります。通貨の単位は「LSK」が用いられています。

リスク(Lisk)の可能性について

リスクという仮想通貨は、上述したように分散型のアプリケーションのプラットフォームとして作られています。現在、イーサリアムが様々な分散型アプリに用いられているのですが、独自のプログラミング言語を覚えないと、アプリの構築ができないといった課題があります。

しかし、リスクはjavaScriptというホームページ制作の際にも、多く活用されるプログラミング言語を用いて作られているため、アプリの構築にもこのjavaScriptを使うことができます。そのため、イーサリアムよりも大きく敷居が低くなるので、より多くの人に使われるようになるのではという期待をされています。

リスクはセキュリティーが強い

イーサリアムと比較されることの多いリスクですが、異なる点としてセキュリティーの高さが挙げられます。これは、ビットコインやイーサリアムとは異なるブロックチェーンの仕組みを採用しているためです。イーサリアムの場合はメインチェーンがハッキングを受けた場合には、The DAO事件の時に行った措置のようにフォークをすることで、ハッキングを受けた以前の状態に戻したということがありました。しかし、リスクではリスクはサイドチェーンという仕組みを採用していて、攻撃を受けてもブロックチェーンを柔軟に切り離すということが可能です。そのために、セキュリティーが強いということです。

2018年に大きなアップデート

リスクは2018年に大きなアップデートを行います。その内容は、リブランディングや開発者ツールであるLisk coreなどのアップデートなどを含めた多岐に渡るものとなっています。Twitter上ではこのアップデートに大きな期待を寄せる人が少なくありません。実際に、Liskが大きな飛躍を遂げるアップデートとなる可能性もありますね。

Liskをウォレットで保管しよう

リスクでは公式のウォレットとしてLisk nanoをリリースしています。取引所などで購入して、そのままにしておくよりも自分のウォレットで管理するほうがやはり安心だと思います。Lisk nanoについては下のリンク先で詳しく解説しています。

リスク公式ウォレット’Lisk nano’のログインと送金、使い方情報

Liskを増やすフォージングとは?

数多くの仮想通貨が、新規発行する仮想通貨を獲得するためにマイニングをしなければいけないのですが、リスクの場合はフォージングを行うことによって、獲得することができます。フォージングとは鍛造という意味のフォージという単語の現在進行形です。

マイニングは、マイニングプールへの登録などの面倒くささや、使用しているパソコンの発熱などが発生しますが、フォージングはリスクの公式ウォレットであるLisk nanoをインストールし、リスクをそのウォレットに保有している状態にすれば誰でも行うことができます。パソコンに大きな負荷もかかることがありません。

 

 



sponsored link

  

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で Zaifの提供するサービスで、初心者の方でも安心・安全に
ビットコインなどの仮想通貨を売買できます。