フィンテッカーラボ - フィンテックやビットコイン、仮想通貨のサイト

このサイトは、ビットコインや仮想通貨といった、金融とテクノロジーの融合であるフィンテックを深堀っていくサイトです。

ビットコインのsegwitとは? スケーラビリティ問題を解決する技術

time

ビットコインのsegwitとは? スケーラビリティ問題を解決する技術

sponsored link

 Segwitって何?

Segwitとはビットコインのスケーラビリティ問題を解決する方法の1つです。Segregated Witnessの略語で、Segwitに対応することで、1つのブロックに入れることができるトランザクションを多くすることが可能になります。

スケーラビリティ問題とは?

ビットコインにおけるスケーラビリティ問題とは、取引の処理能力やシステムの拡張性の問題のことをいいます。ビットコインの各ブロックの容量は1MBとなっているのですが、このために送金の取引を処理しきれていない状態となっています。これは、取引の量が多ければ多くなるほど、取引のデータ処理の速さが遅くなっていきます。

この問題を解決する方法としてSegwitの採用という手段があります。

Segwitに対応すると何が変わる?

では、Segwitに対応することで何が変わるのでしょうか。上述したように、ビットコインのブロックの容量は1MBなのですが、この中には取引の送信元の情報、送信先の情報、電子署名の3つが含まれています。Segwitではこの3つのうち電子署名を別に管理することで、取引のデータを小さくすることを実現します。

結果的に、ブロックの容量をそのままに、送信元の情報と送信先の情報を含めるスペースが広がるために、取引を早く行う事ができるようになります。



sponsored link

  

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で Zaifの提供するサービスで、初心者の方でも安心・安全に
ビットコインなどの仮想通貨を売買できます。