フィンテッカーラボ - フィンテックやビットコイン、仮想通貨のサイト

このサイトは、ビットコインや仮想通貨といった、金融とテクノロジーの融合であるフィンテックを深堀っていくサイトです。

ICOしたウォレットの仮想通貨 Bread(BRD)のチャートや取引所情報

time

ICOしたウォレットの仮想通貨 Bread(BRD)のチャートや取引所情報

iPhoneなどで利用できる仮想通貨アプリのBRD(bread wallet)(ブレッド ウォレット)が2017年12月にICOを実施しました。BRDは120ヶ国以上で50万ダウンロード数を越える人気のウォレットアプリとなっています。ウォレットアプリのBRDの使い方などは、以下のリンク先で説明しています。

初心者オススメなスマホアプリのビットコインウォレット breadwallet

sponsored link

人気ウォレットアプリのBRDがICOを実施

BRDはアメリカのカリフォルニアにあるbreadwallet LLC社が提供している、iPhoneやアンドロイドで利用できる仮想通貨ウォレットです。2014年にbread wallet(ブレッドウォレット)としてリリースされ、2017年にリデザインとリブランディングを行い、現在はBRDという名称となっています。BRDは120ヶ国以上展開しているアプリで、累計で50万ダウンロードを越える人気アプリとなっています。ニュースアプリのグノシーの元代表取締役である木村信司氏もbreadwallet LLC社への投資を行っています。

2017年の12月にICOを実施し、Bread(BRD)というトークンを発行し、世界最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)にも上場しています。Breadトークンの総発行枚数は1.6億枚となっていて、そのうちの33.3%をBreadが保有しています。また、Breadトークンはイーサリアムのネットワーク上にERC-20という規格で構築されています。

また、世界で初めて仮想通貨ウォレットとして、リワードプログラム(Bread Rewards)を用意していて、Breadトークンを保有しているとアプリ内で特典や割引などのサービスを受けることが可能となります。また、SNSへの投稿や、ユーザーアンケートの回答などのプロモーションプログラムに参加することで特典としてBreadトークンを獲得することもでき、一定数以上の仮想通貨の保有しているプロモーションプログラムに参加することで、トークンを獲得することができます。

Breadトークンの37.11% (32,978,250 BRD)はプリセールで販売され、29.56% (26,263,561 BRD)はトークンクラウドセールで販売されています。ICO時に、販売されたトークンがすべて完売していて、人気の高さを感じます。このICOによる資金調達によって、Breadは32Mドル(約32億円)を集めています。

Bread(BRD)を購入できる取引所

現在、Bread(BRD)を購入できる取引所はBinance(バイナンス)とOKExの2箇所となっています。バイナンスの登録や使い方は以下のリンク先で説明しているので参考にしてください。

中国の取引所Binance(バイナンス)の登録、送金などの使い方情報

Bread(BRD)のチャート

2017年12月のICOから、2018年の1月にかけて大きな値上がりと値下げをしています。



sponsored link

  

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で Zaifの提供するサービスで、初心者の方でも安心・安全に
ビットコインなどの仮想通貨を売買できます。